つながる。

七代先の未来へ。

想いをカタチに。

七代先の未来を想像したことありますか?
ネイティブアメリカンは、七代先の子供たちの幸せを

考えて行動したと言われています。

本来私たち人間は、命を分け合うように、

人と人とがつながり

自然との調和の中で生きてきました。
しかし、現代を生きる私たちは日々の生活に追われ、

経済を優先するあまり、

自然環境に負荷をかけながらも

未来に思いを馳せる余裕もなく、

時間=命を削られるように

息苦しい社会システムの中に生きています。

自然の恩恵を受けながら、人と人とが協力し支えあい、

つながりを感じながら安心して生きられる

「やさしい社会」は、

私たち一人一人の選択でつくっていけます。
自然豊かな前橋で、

個人の自由と権利を守りながら、

働きやすい環境を整え、

誰もが学び合える教育環境

それを支えるコミュニティ創り

政治の面からサポートしたいと思っています。

入沢まゆ子は今「あなたと」つながりたいのです。

あなたの力が必要です。
やさしい政治で、

やさしい前橋を共につくっていきましょう!

Message

​入澤繭子

入沢まゆ子-入澤繭子【前橋市議会議員】

こんにちは。前橋市議会議員の入沢まゆ子です。

私は小さい頃から、なんでこんなにたくさんのルールがあるのだろう?

この仕組みは誰のためで何のためにあるのだろう?と思っていました。
「こういうものだ」ということに馴染めず、生きづらさ感じていました。

20代のころ、対症療法では治らない病気になったことをきっかけに、自然療法に出会い、身体と心と大地はつながっていること、自然に近い生き方をすることの大切さを痛感しました。
シングルマザーになり、自由な働き方をしようと、オーガニックキッチンカーを開業し、ワンオペ育児の孤独の解消にはコミュニティが必要と感じて、こども食堂を始めました。​

こうなったらいいのに、あれがあったらいいのに。
この想いが私の原動力になってます。困った人や生きづらさを感じている人。

一人では超えられない壁に挑戦している人。

一人一人がそれぞれに自分らしく自由に生きられるために、

ルールや仕組みがあると思っています。

自分たちでやさしい社会をつくっていくために、前橋市議会議員になるという選択をし、前橋市議会議員選挙に立候補しましました。
人とのつながり、自分とのつながり、自然とのつながりの中に幸せを感じる。
出来ないことが多い私だからこそ、お互いさまと笑いあえる世界を共に歩んでいきたいです。